枝豆の美味しいゆで方

枝豆の美味しいゆで方

第1弾は、枝豆の美味しいゆで方です。

夏の風物詩はビールと枝豆ですね。いつも普通にゆでている枝豆。美味しく作るにはちょっとした工夫があります。ひと手間でぐんと美味しくなるので是非試してみてください。
ポイントは、枝付きのものやさや切りのものを買ってきたら、少し枝の付け根を切る事です。先を切る事で塩湯が中に入るので早くゆだり、塩味が効いて美味しくなります。洗ったら塩をふって塩もみすること。これでいつもと違うゆで上がりになります。是非試してみてください。
撮影:中本浩平

<材料>
枝豆  1パック
塩   適量

<作り方>

  1. 枝豆は枝付きの方を少し切ります。
  2. さっと洗って塩を大さじ1ほどふり、塩もみをすることで表面の産毛が取れ、鮮やかな色に仕上がります。
  3. 塩を付けたまま熱湯に入れて5分ほどゆでます。
  4. ざるにとり、水はさっとかける程度でそのまま冷まします。ウチワで扇いで急激に冷ますとより美味しくなります。ここで塩をふってもOK。